ネタバレ微妙にアリなので未見の方はご注意ください。
时光之城3

時間の都市~ロマンスはいつも予想外~
原題《時光之城》(2023)| ドラマ

やっと見終わりました。
とぎれとぎれなので記憶がつながらないところもありますが、まあそこはお許しください。
それと、友人に録画御お願いしていて、肝心のカップル二人がくっついた20.21話がぬけてしまってます。取ってもらっているだけでもありがたいのでそこは脳内補正してますw


ストーリーはハリウッドで人気の俳優顧持鈞が帰国し、昔振られたトップ女優秦子青に復縁を迫っているところをうっかり見てしまった許真が主人公です。やばいところを見られた顧持鈞と見たくもないものをみられて恨まれる許真は犬猿の仲。でも許真には癌に侵された父と、離婚して映画監督になった母がおり、母に会うために顧持鈞の助手になります。

中華ドラマあるあるで前半はコメディっぽく、後半はシリアスな展開になっていきます。

放送されたばかりなのでネタバレあまりしないほうがいいかな?

以前の更新か他のページでこのドラマのPVが瀚瀚の声だったので吹き替えなしだと書きましたが、
実際の放送では吹き替えされていました。
コメント欄で指摘いただきました。ありがとうございます。

ドラマ自体の感想。
申し訳ないのですがあまりよくありません。一番感じたのが、
・感情移入できない
・共感したり応援できる登場人物がいない(たまにあるけど)
・ドラマの作りが雑で「なぜそうなる」が多発
・一番成長したのは許真の幼馴染の林晋修なのですが、成長の過程が行き当たりばったり。
林晋修の父が子育てに失敗し過ぎ
・8年前の事件を知って口をつぐんだ見返りに監督になり、家庭を捨てた梁婉汀はどうみても悪女なのに、なぜかドラマでだんだん「実はいい人?」扱い
・突っ込みどころが多すぎて書ききれない。
・ただ、つまらなくはなかったです。でも2度は見ないかもしれません。ごめんね瀚瀚。

以下は私の個人的な感想です。

■張哲瀚の顧持鈞について
ハリウッドで成功して自信過剰な高慢ちきな上から目線な男になって帰ってきたのですが、それもこれも元カノの秦子青に復縁を迫るため。だったのに、許真を愛したことで許真が危険に遇っても自分を投げ出して守り、相手を守り慈しむ男に180度大転換。最後は俳優で成功した地位を捨てて許真と二人で平凡な生活を選びます。
こう書くと顧持鈞もドラマでくだらないプライドを捨てて真実の愛のために生きる男になったといえるので、成長したといえるかもしてません。

でも、顧持鈞は俳優として芸能界でものすごく努力してきたはずだよね。それを「平凡な愛があれば華やかな生活も名誉いらない」と簡単に今までの自分の生き方や努力を捨てる男も、捨てさせる女もちょっと違和感を感じます。いくら価値観は多様だとはいえ、今のリアルな瀚瀚は自分の夢をかなえるために、顧持鈞が捨てた世界に戻るために頑張っているんだから。

■張哲瀚の演技について
7年前の作品を見れるということで期待し過ぎました。
正直に言うと、演技がテンプレートかなって思います。
こういう時はこういう演技する、みたいな感じです。
もちろん素敵な演技もたくさんあるし、何よりもピチピチ肌で目の保養。
先に山河令の時は周子舒=の中の人張哲瀚本人じゃないかと思わせる神演技をみちゃったので、ファンの求めるレベルが高くなってしまっているのかも。



 今までお蔵入りになっていたものもどんどん放出してくれー。
 


▼応援よろしくお願いします!
 にほんブログ村 芸能ブログ 華流・アジア 芸能人・タレントへ

▼読者登録してね!